カートをみる /  マイページへログイン /  ご利用案内 /  お問い合せ /  お客様の声 /  サイトマップ
  • 錦自然農園フルーツストアとは
  • スタッフの紹介
  • おいしい果実ができるまで(ブログ)
  • 動画紹介
  • メディア紹介
  • いちご栽培へのこだわり2014

    徹底した減農薬いちごは
    定植後は堆肥も与えない栽培方法から

    いちごは、皮をむかず、直接口に入れるものなので、農薬はあまり使わないと思われている方が多いようです。
    でもそれは大きな間違い。
    一般的な農家は、聞けば誰でもショックを受けるほどたくさん農薬を使っていちごを作ります。

    農薬による健康被害も気になりますが、私たちはそれよりも「農薬を可能な限り減らしたほうが作物は美味しくなる」という実感から、農薬を減らす努力を行ってきました。

    たどりついた方法は、「定植後は肥料をやらないことで、農薬を減らす」です。
    ポットで苗を育てている期間は農薬も肥料も使います。

    受粉のためにミツバチをお借りする養蜂家さんから「ウチヌノさんにもっていったミツバチは変わらない、よそにもって行ったのは返してもらうときは元気がなくなり、数も減る」
    といわれたことがあります。

    作物内部の植物ホルモンを
    活性させて美味しいいちごを


    肥料を畑に投入しない理由は、肥料に含まれる成分により土壌の窒素が過剰になると、植物が体内に持っているエチレンという「植物ホルモン」の働きが悪くなるという側面があるからです。

    エチレンには、とてもありがたい働きがあります。
    殺菌・殺虫作用です

    畑には害虫が発生するし、病気も起こります。でも、しばらく我慢していると、収まります。ちょっとくらい風邪ひいたって、薬を飲まずとも治ってしまうのは自然治癒力があるからですが、

    植物にとっての自然治癒力のもとが植物ホルモンのようです 。

    うちの畑は、たいていの農家が驚くような硬い岩盤と石がごろごろした土地に、いちごの畑の半分があります。

    これもエチレン活性には理想的な畑です。根は伸びようとするたび、石や岩にぶつかり、エチレンを活性させるので、根は理想とされる「白く、細く、密で、長い」根として地中に広がっていきます
    土の中の元気度を示すのは、地上の様子です。
    いちごの茎は地面から高々と立ち上がり、葉の色は薄い緑色、葉の形はV字を描いた舟形。

    おいしいいちごが採れる理想的な状態といわれるものです。

    成長を急がず、じっくり完熟を待って収穫する理由

    今、いちごだけでなく日本で栽培される多くの作物は、照明にあてられ、コントロールされた環境の中、肥料を存分に与えられて、早く出荷することを第一に栽培されます。

    美しい見かけが何より価格に反映される作物なので、まだ首の白いうちに収穫されるのが普通です。時間が経過すると赤くなり、時間経過による劣化も遅いので経済効率はいいのですが、未熟で収穫した果実の内実は、時間がたっても未熟のままです。

    錦自然農園はそうした農業とは逆の、自然の息吹を取り込みながらゆっくり成長することで生まれる味わいをお届けしたいと思っています。完熟収穫にこだわるのは、そのほうが味がよいからです。

    錦自然農園と農薬


    無農薬あるいは減農薬栽培は、錦自然農園のフルーツのすべてで行っています。

    6月から収穫される桃には年1回消毒をしますが、ぶどうには一度も消毒を行いません。

    太秋柿には無農薬と減農薬に最も苦労しており、たくさんの果実が収穫までに落下します。少しずつ収量が増えているのがせめてものよろこびです。

    こうした農園の欠点として、収穫時期や収穫量が予想しにくい点があります。ご注文をいただいた順に発送していきますが、「もう送れません」という事態になることがあり、ご迷惑をおかけしております。
    どうぞお早めにご注文を、と申し上げるのはそうした理由もあります。

    私たちがいちばん大切にしているのは、フルーツで喜びや幸せをお届けすることです。

    農薬を使わないとか、肥料を使わないとかは二次的なものです。
    あまりこの方面にストイックではございません。つい頑張ることがあるのは、それが楽しいのでついつい。。。です。

    錦自然農園式 おいしい果実ができるまで☆

    堆肥、化学肥料、除草剤は不使用。
    消毒は最低限。
    めったにない桃、あります。

    低温、高温、多雨、旱魃、台風の激化・・・・過去の記録が破られるような事態が、実に毎年世界や日本の各地で起こっています。

    どんな作物も、気象・気候が変われば「できあがり」が変わります。

    とくに果樹は、四季を通じて風、雨、日光、風に雪、すべての影響を受けとめて、木の内側を刻々と変え続けています。それらが収穫した果実にどのような影響をもたらすかは、食べるまで予想ができません。

    こんな状況下で生産者としてできることは、木そのものを強化していくことだと2010年に、ハラをすえました。

    木を強くするために、肥料と農薬を極力使わないでいこうとしています。

    農薬をここまで減らして桃を生産・販売している農園は、日本中でほとんどありません。

    それだけ無謀な、道のない道です。お客様の理解なしではとてもできないことと感謝しております。

    「いつも食べている●●と全然違う」
    「見た目はよくないけど食べると・・・」
    そんな声をしばしばいただきます。  


    栽培のしかたがそもそも珍しいせいか、「こんな桃を食べたことない」「桃じゃなくて、別の果物みたい」などのお言葉を、何度となくおっしゃっていただきました。
    身に余るお声を数多く聞かせていただきましたが、
    どなたでも気に入るものは、作れてはいないと思います。

    肥料を使わない作物は実がしまり、硬い印象をもつ傾向があります。
    大きくなれないこともあります。
    品種によって箱によって箱に入る質量が変わります。
    大きいものがおいしくなることもあり、、小さいゆえに美味しくなることもあります。
    きれい、ふわふわ、質量の表示に忠実・・・・ということには、まったく気配りしていません(できません)。

    当店の「山育ち」や「わけあり」はとても高い評価をいただいていますが、お求めになるのは冒険であり、リスクがあることをご理解いただけると幸いです。

    幸い、当園のフルーツの特性を理解された方に支持をいただいておりますが、
    普段召し上がっているものとのあまりの違いにがっかりされることがあります。

    農家にとって不都合がいっぱいの完熟収穫
    でもそのほうがおいしくて、体を冷やさないから
    当園は完熟で収穫してその日のうちに発送します


    熟して収穫すると、機械で選別もできないので、桃の産地ほど、ほとんど行われません。
    完熟にほど遠いところで収穫するように農家の多くは指導されています。
    搬送時間と店で購入を待つ間に、色や食感が食べられるものになっていくのが通常の桃です。

    完熟収穫にはそれだけのリスクがともないます。

    殺菌剤が桃栽培で多用されるのは、畑を出た桃が食卓に届くまでの間で
    菌がかびなどを発生させることを防ぐためもありますが、
    当園はそれを行わないので、さらなるリスクがあります。

    それでもこうしたことをやっています。
    目指しているのは「食べてシアワセになるもの」「気持ちが元気になるもの」を作ることです。

    農薬の完全撤廃は、そうなるといいなとは思いますが、目標ではありません。

    どのような方法がおいしくて安全で、経営を安定させるフルーツの生産につながるのか?
    答えをもっているわけではありません。
    試して失敗、進んだと喜んだらまた失敗、
    わかったと思ったらわかってなかったことがわかる・・・の繰り返しです。
    探求は、ずっと続きそうです。

    剪定についてコチラにも書いてます

    無肥料について コッチにも書いてます

    ページトップへ↑

    めっちゃおいしい太秋柿

    2013Oct22_5.jpg

    柿の概念を変える柿、太秋柿!
    うまいだけでなく、ポリフェノールはぶどうの5倍
    ビタミンCはみかんの2倍以上 

    「柿までお取り寄せしなくてもと思っていましたが、錦さんのならば、と思って取り寄せて、おいしさにびっくりしました」

    「たかが柿を贈答するなんてといぶかりながら贈られてきた柿を食べて驚いて、電話してきた」

    太秋柿の糖度は通常16〜18度だそうです。
    ときどき計ってみると、当園の太秋柿は20度をしばしば超えています。

    糖度が高いから美味しいとはかぎりませんが、当園のフルーツの中で私たちはこれが一番うまい、と思っています。

    2013Oct8.jpg

    一度食べるとファンになってしまう! お客様と栽培者をとりこにする太秋のうまさ

    2013Oct18_6.jpg

    「お裾分けしようかと思っていましたが、もったいないのでやめます。」(東京都 Aさま)

    「柿って、こんなに美味しかったっけ⁈」(Oさま)

    「柿、いただきました! シャキシャキとした食感と、すごく甘いのに、さわやかな味が、今まで食べていた柿とまったく違って、すごくおいしかったです。来年も、またお願いしたいと思いました。」(千葉県 Aさま)

    「本当に甘くて美味しくて、今まで食べた柿は何だったのだろうと思うくらいです。買って良かった!」(東京都 Kさま)

    「今年のは特に美味しい。」(埼玉県 Oさま)

    「食べると柿の力強さを感じます。今まで食ていた柿が味気なく感じます。」(愛犬家さま)

    「透き通った甘さにノックアウトされました。家族が思わず口にした「美味しさの究極だ!」につきます。」(匿名希望様)

    太秋柿は、食べると果汁たっぷりで、食感がよく、甘味も抜群。
    柿は知られざる栄養の宝庫でもあり、ポリフェノールやビタミンCが豊富。
    女性をきれいにするパワーが秘められています。
    なのに皮の色がまずそうに見えるので、店頭の柿コーナーでは、売れ残りがちなのだとか。
    青っぽいだけでなく、「黒いすじ」が汚く入っているのも、太秋柿がおいしくなっている、というあかしです。
    この黒いすじのところは、他の部分より糖度が2〜3%高くなっているそうです。
    よく「おいしい柿はどうやって選ぶか」といった情報に、
    「皮色が赤っぽいものを選ぶ」なんて書いてありますが、正解は品種によります。
    色が黄色っぽいのは、不良品だからではなく、完熟の色がソレなのです。
    皮に黒い模様がいっぱい入っていたらラッキー。おいしいはず。

    太秋柿のむずかしさ

    2013Oct18_3.jpg

    柿は農家の庭先にふつうになっているもの。スーパーでは安値で積み上げられているもの。
    そんなふうに思っていらっしゃるかたが大部分だと思います。

    2010年より錦自然農園では、切り上げ剪定という方法を採用、年に1〜2度、指導する先生に来園いただき、柿畑のすべてをその方法にしてやってきました。

    2011年、錦自然農園の柿は、9割以上の柿が落下しました。
    以後、8割落果、7割落果・・・・作業に費やした時間、エネルギー、人件費は相当なものでしたが、収益にはいたらず

    2015年の太秋柿の状況はこちらをクリック