カートをみる /  マイページへログイン /  ご利用案内 /  お問い合せ /  お客様の声 /  サイトマップ
  • 錦自然農園フルーツストアとは
  • スタッフの紹介
  • おいしい果実ができるまで(ブログ)
  • 動画紹介
  • メディア紹介
  • 「あっという間に食べてしまった!」★徹底した減農薬と無肥料、完熟収穫★前期・自然派の桃(大箱)」

    ★ご注文の順にお送りいたします。「前期の桃」でお送りできなかったときには、自動的に「あかつき」「川中島白桃」などの7月中旬以降の「後期の桃」でお送りします。
    ★6月〜7月初旬で受け取れない時期が確定している場合は、注文時でもその後でも必ずお知らせください。

    まだ味わったことのない桃 自然力あふれる、九州の桃

    「 こんな桃、はじめて食べた 」

    「 こんな桃、はじめて食べた 」


    前期の桃 収穫期:6月6日〜7月初旬

    • ちよひめ
    • 日川白鳳

    自然にまかせた状態で、日本で最も早く桃の収穫を迎える場所のひとつは、熊本です。
    季節のいちばん乗りでお送りするのは、ちよひめ。
    その名のとおりお姫さまのようなかわいらしさが人気です。
    直径8〜10センチと小さめで、極早生の品種の代表格。夏の太陽を長く浴びていない桃ならではの、あっさりした淡白な風味が特長です。
    甘みの強さは後期桃に譲りますが、食べるとほんとにジューシー。

    日川白鳳も、早生品種でちよひめの流れをくむ、あっさりとした淡白さが持ち味です。
    サイズは少し大きくなりますが、ジューシーで風味が豊か。
    甘さは、「後期の桃」の濃厚さと異なるすっきり味。
    「水蜜桃」という言葉を思わせる、したたるような桃ジュースのかぐわしさをお愉しみください。

    発送のときに収穫を迎えている品種をお送りします。

    「前期の桃」の収穫は、例年は6月6日〜7月初旬です。前後する可能性があります。

    ご購入はこちらから

    錦自然農園の桃がおいしくなる理由 栽培のくふう編

    農薬をなるべく使わない

    桃は20〜30回の農薬使用が普通の作物ですが、当園では通常の1割程度の農薬散布です。

    病気や害虫の大発生で、ご注文をお受けしてもお送りできなくなるリスクは常に、当園のどの果物でもありますが、農薬を削減する理由は1にも2にも味が違うからです。

    このような感覚をお持ちの方からはご支持をいただいていますが、そうでない方にはお気に召さない可能性もありますことをくれぐれもご了承ください。

    アレルギーをおもちの方からも、「錦自然農園の桃だけ食べられる」とよくいわれますが、誰でも大丈夫という意味ではありません。

    肥料を使わない

    化学肥料、堆肥は不使用。

    堆肥などを与えなくなって8年たちましたが、豪雨の年、顕著にあらわれました。
    収穫期の雨が例年よりとても多く、付近の桃の味が一斉に落ちたといわれましたが、
    当園の桃を食べた近所の人から、「どうしてここだけ甘いのか」と驚かれました。

    肥料によって余分の窒素が植物内部にあると、木は根からできるかぎりの水を吸い上げ<余分の窒素を洗い流そうすると聞いています。余分の窒素が内部にないと、水を余分に必要としないので、周囲にどれだけ大量の水があっても、根は必要以上の水分を吸い上げないそうです。

    おかげで、不思議なくらい多雨の味への影響が少ない桃になりました。
    肥料を使って栽培した桃、また7月以降に当園で収穫する「後期の桃」と比べるとあっさりしたあじわいですが、
    「前期の桃」の香りの良さとジューシーさは桃好きにたいへん高い人気をいただいています。

    別のくだものみたいな桃


    「桃すごく美味しかった。こんなの食べたことない。
    これはもう桃じゃない。別のくだものみたい」
    (お客様の声より)

    当地は暑さは40℃近く、寒さは氷点下15℃まで。豪雨、台風は熱帯雨林のごとく、
    旱魃も情け容赦なく襲いかかる場所。
    そんな場所で肥料も堆肥もやらない。農薬も少しだけ。
    天と地のくれるものを全身にうけて、星の運行にしたがって実を点し、自然のならすままに成熟を迎えた果実を箱詰めしてお届けします。

    当園の桃の最大の特長は完熟収穫です。

    桃でこれを行うのはたいへんリスクが高くなりますが、おいしさは違います。

    時に中が黒くなっているのは、完熟のせいというより、糖度が高いせいです。
    しばしば黒い部分は苦味と感じますが、当園のそれは、特に甘いので召し上がってください。

    肥料をやらない果物は、硬くなる傾向があります。
    前期の桃はあまり硬くないほうですが、たまに硬いことがあります。
    時間をかけて柔らかくするより、桃の個性を楽しんでいただければ幸いです。

    気温が高くて、体がバランスを崩しがちな時期ですが
    桃を食べて、大地のエネルギーをからだに取り込みましょう

    「食べ物からエネルギーをもらうってこういうことなんだと実感しました」
    ( お客様の声より)

     

    「あっという間に食べてしまった!」★徹底した減農薬と無肥料、完熟収穫★前期・自然派の桃(大箱)」

    メーカー:錦自然農園
    価格:

    7,560円 (税込)

    [ポイント還元 75ポイント〜]
    購入数:
    お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.8 (16件)
    この商品について問い合わせる
    友達にメールですすめる
    携帯ページ

    ■ 商品説明

    「自然派桃/前期」の特長 <発送時期 6月中旬〜7月初旬> ●6月中旬から「ちよひめ」、6月後半から「日川白鳳」を発送します。収穫間際の雨量や晴天日数によって収穫期間は前後します。 ●天候によって風味の劣化が著しいときは、収穫しても発送を見合わせることがあります。 ●品種の指定があるときはご注文時にお知らせください。 ●ちよひめは、桃のシーズンの先頭を切って収穫期に入るトップランナー。こぶりですが、ジュースが豊かで香りが高く、桃好きに高い評価を得ている品種です。旬を感じるには最適の桃。 ●日川白鳳は、ちよひめよりやや大きめ。ちよひめ同様、汁気がたっぷりしていて、かぶりついたときに鼻腔に抜ける香りのよさがたまりません。 ●皮ごと食べる人も多い、風味のすばらしい桃。大切なかたへの贈り物や、ご自宅でのとっておきの時間にぴったりです。 ●1箱には15 〜18個入っています。一個のサイズが大きいと数が少なくなり、一個が小さいと数多く入り数や質量はできてみないと正確にはわかりかねます。 ●桃は成分の90%近くが水分。ミキサーにかけてジュースにするのもおススメです。桃を軽く凍らせて、ミルクと蜂蜜をお好みで加えると酵素が生きている、植物繊維たっぷりの生ジュースになります。大箱は意外にもあっという間になくなってしまうサイズなのです。

    ■ 商品仕様

    製品名「あっという間に食べてしまう!」★徹底した減農薬と無肥料、完熟収穫★前期・自然派の桃(大箱)」
    メーカー錦自然農園
    製造年2018年
    製品重量3500g

    ページトップへ