カートをみる /  マイページへログイン /  ご利用案内 /  お問い合せ /  お客様の声 /  サイトマップ
  • 錦自然農園フルーツストアとは
  • スタッフの紹介
  • おいしい果実ができるまで(ブログ)
  • 動画紹介
  • メディア紹介
  • くまのプーさんの気分で食べたい☆原生林のはちみつ(中瓶)


    日本みつばちのはちみつには、凝固しているものと溶けているものがあります。
    一般的には温度が冷えると凝固して結晶化します。
    結晶化したものは、気温が高くなると自然に溶けます。
    結晶化したままで召し上がってもおいしくいただけます。
    40度以下の湯にいれてふたをあけて、数時間をおくと自然に溶けます。

    「原生林のはちみつ」は、熊本県南部の山の中、広葉樹の原生林に置いた箱に、
    蜂が自ら選んで作り上げた巣から絞った、天然の蜜。
    なんの添加物も加えず、 加熱もせず、布を使ってゆっくり漉してびんづめします。
    多くの業者はこの「ゆっくり」ががまんできず、加熱し溶かしますが、
    このはちみつは、とにかく1昼夜でもそれ以上でも、
    蜜がしたたり落ちるのをじっと待つだけです。

    蜂の家となる箱を置くのは、めったに車も通らない深い山の中。
    車を降りると、そこからさらに歩き、険しい山の崖をよじのぼるようにして、
    蜂にとって心地よい場所を探します。

    蜂の暮らしを守るかわりに、おいしい蜜をいただいています
     

    野生の蜜をとる、といえばだれにでもできそうな気がしますが、
    山の奥深い場所に、道具を背負って登ったり降りたりするのがまず高いハードルです。
    それも一度おいたら、次にくるのは蜜をいただくときだけ、では蜂は箱にいつかない。
    1年を通してひとつひとつの箱に、何度も何度も足しげく通い、
    蜂が天敵におびえていないか、木が茂って蜂の通路をさえぎってないか
    草が茂って蜂箱をおおっていないか、蜂がきらう湿気のたまり場になってないか
    チェックポイントはまだまだありますが、
    とにかく、こまめな観察と、こまめな世話が日々欠かせません。

    特に大切なのは、スズメバチの駆除。
    日本みつばちをスズメバチから守ることを日常的にしていたために、自然と駆除のエキスパートになり、
    スズメバチ駆除が仕事になってしまったのは、錦自然農園のスタッフである正垣さん。

    蜂箱が快適であればあるほど、寄生をたくらむ大小さまざまな虫が
    巣への侵入をくわだてていますから、追い出したり、形跡を削り取ったり、
    するべきことが絶え間なくあります

    そしてこれらがみな、少しでも油断すると大けがをしかねない、
    とんでもなく危険な場所で行われています。
    そうやって長い濃密なおつきあいを経て、やっとミツバチからいただいたのが「原生林の蜜」です。

    「純粋」、「天然」、「国産」の文字の信ぴょう性が少し危ういはちみつ業界
     

    はちみつは、全世界で生産減の危機にあります。
    一方でブームといえわれるほど、はちみつに対する需要は高く、
    表示はけっしてされませんが、故意にまぜものを加えているはちみつは少なくないようです。
    「死んでも混ぜものはせん」と言い切る正垣さん。
    不正の現場をあまりに多く見て、それが蜂に対するどれだけ大きな裏切り行為かを実感する人の言葉と感じます。

    最後に正垣さんについて
     

    一言でいえば、蜂蜜採りの名手。
    蜂に魅入られた人
    以前、錦自然農園の栽培スタッフとして働いてくれていました。

    蜂蜜を採り始める前は、山野草の生産販売をなりわいにしていた時期があり
    自然との付き合い方が名人級、のひと。
    剪定講習会を当園で講師をまねいて行ったときも、
    教えたことの飲み込みがよくて、ハサミの使い方もみごとで

    通常、剪定になまじ経験があると、メソッドは頭に入っても体は動かない
    心が自由自在な人ですね、と講師のかたもびっくりしていました

    うちのしゅうとの生家には8個くらいの蜂箱が常時あり、
    しゅうとは、鶏の世話と同じくらいみつばちの世話が好きなのですが

    「蜂は、人を選ぶでな」と言い切ります。

    彼の手ほどきを受けながら園主が自宅庭で蜜蝋を箱にぬっていましたら
    その作業も終わらぬうちに一匹の日本みつばちが餌を求めて侵入
    そのまま蓋をしておいておきますと
    数分で数十の蜂がやってきて、一時間で羽音がうるさいほどの蜂の一群が
    箱の中に吸い込まれていきました。

    蜂に選ばれた人、正垣さんが魂をこめて仕事した成果をお届けします。

    ■ お客様の声

    おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ しゃみちゃん様 2017-10-07
    叔母の所に送ったら

    『6〜70年前に実家(高知と愛媛の県境の山間部)で取れていた蜂蜜の

    味と同じ味がする。この年になって再びこの味に出会えるとは』

    と、とても感激してもらえました。
    お店からのコメント
    2017-10-07
    すばらしいお言葉に、採蜜しているものも喜びますでしょう。
    たいへんな苦労をして仕事をしてもらっていますので
    理解いただける方に食べていただけて、とてもありがたいです
    ありがとうございます。
    おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ YUKO様 2017-10-03
    初めて食べましたが、とてもおいしくて感動しました!香りもとても上品で甘さもしっかりあるのに後味がさっぱりしていて蜜蜂に感謝したくなる味です。また、リピートします。ありがとうございます!
    お店からのコメント
    2017-10-04
    ありがとうございます。
    ミツバチ達とお世話をしていただいている正垣さんに感謝です。
    あと、球磨の大自然に!
    おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ harry様 2017-10-03
    とにかく美味しいハチミツです!大好きです!ちょっと前にサイトでチェックしたら売り切れ状態でしたが、直ぐに販売されて良かったです。
    お店からのコメント
    2017-10-04
    売り切れになっていてもシーズン中であれば再度販売の可能性もあります。
    確認していただいてありがとうございました。

    >>この商品の全てのレビューを見る

    くまのプーさんの気分で食べたい☆原生林のはちみつ(中瓶)

    メーカー:錦自然農園
    価格:

    3,800円 (税込)

    [ポイント還元 38ポイント〜]
    購入数:
    お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (12件)
    この商品について問い合わせる
    友達にメールですすめる
    この商品のURLを携帯に送る

    ■ 商品説明

    熊本で採取した日本ミツバチの蜜を何も加えず火もいれず、一晩かけて瓶に垂らし入れただけ。日本に流通するはちみつの0.1%しかないため幻のはちみつといわれます。野生の蜜と果実があれば生きていける、とはネイティブアメリカンの言葉でした。自然がつくってくれた天然の甘味は魂をうるおします。【色の違いは液体か固体かの違いです。気温で変ります】

    ■ 商品仕様

    製品名くまのプーさんの気分で食べたい☆原生林のはちみつ(中瓶/)
    メーカー錦自然農園
    製造年2017年
    製品重量280g

    ページトップへ